理想の家づくりは注文住宅でかなえよう

まずは理想の土地を探そう

「注文住宅を建てたい。」と考えたとき、まず考えなければならないのが、土地探しです。 家を建てる方にとって、どのような土地が向いているのか、どのような条件があるのかを、しっかり考えておく必要があります。 例えば、子育て世代の方であれば、近隣に公園や学校などがあるのかは重要になってきます。逆に、静かな土地を希望するのであれば、子供が少ない場所を選ぶ必要があります。 また日頃の生活をするうえで公共交通機関やスーパーなど買い物場所の確認は必須です。 住みやすい、と一言で言っても、それぞれの家庭によって住みやすさは違います。自分たちがどのような場所を希望しているのか、しっかりと整理する必要があります。 家族構成は?車は所有しているのか?など今一度自分たちの生活を見直し、自分たちの希望する生活にあった土地を探してください。

家のインテリア、内装を考えよう

土地が見つかれば、いよいよ住宅の注文のスタート。

まずは、希望を羅列していくことが大切です。その際大切なのは、現在の生活の不満点を挙げることです。家は一生の買い物と言われるように、不満があればすぐに買い替えられるものではありません。出来るだけ不満点を解消させて家を建てることが重要です。
例えば、コンセントの場所。今まで掃除機をかけるとき不便を感じていたなどの不満があるのであれば、コンセントの位置をしっかり考える必要があります。また、出来るだけ部屋を広く使いたいと考えるのであれば、収納を多く作り、収納家具を減らすなどの工夫が考えられます。

家を建てる前に、自分たちが希望することをとにかく書き出します。そのあと本当に要るのか要らないのか取捨選択をしていきます。
これが出来るのが注文住宅の大きなメリットです。
自分たちの希望する家が建てられるように、妥協せずにどんどん意見を出し合って決めていきましょう。

狭小住宅は、住宅地の端や変形地に建てられる物件です。形がいびつな場合もありますが、通常の一軒家より建設費をぐっと抑えることが可能です。